​ 連泊2日目以降最大50%OFF~ 

渓(KEI)到着

​1日目

​竜頭の滝(徒歩3分) 

さかなと森の観察園(徒歩5分)

    

渓(KEI)でゆっくりお風呂

​お食事・お酒等

​日光を連泊で満喫する充実した、 お勧めの過ごし方 数種のご提案

​2

​たっぷりハイキングコース(約3時間)

​東武バスで湯元温泉へ(570円)→湯元キャンプ場方面より湯ノ湖を廻って、滝壺わきの歩道を下りて湯滝湯滝レストハウスで昼食か休憩(ここまで約60分位)→小滝→泉宿池を経由して戦場ヶ原→竜頭の滝→渓(KEI)へ

​素晴らしい景観の大自然のハイキングを満喫してください。

 全行程約3時間です。途中で疲れてしまった場合、湯滝でリタイアの場合は湯滝入口バス停まで5分、戦場ヶ原を歩いてリタイヤの場合は赤沼バス停に行けば40分歩かずに済みます。

​ちょこっとハイキングコース(往復約1時間)

​竜頭の滝の脇の歩道を上って、車道に出たら竜頭の橋をから中禅寺湖を見て、元の歩道の湯川沿いに上って1分位のすぐ左にチョット危険な滝壺ゾーンがあるので、そこを見学し満足した人は来た道をUターンすれば、往復40分、まだ行ける人は石楠花橋の小さな滝を見てUターン 全行程約1時間です。

​中禅寺湖畔のジェットボート・モーターボート

​中禅寺湖のモーターボートのスピード感は半端ないです。
遊覧船やスワンボート、自分で操縦できる低速モーターボートも絶景を楽しめますが、あのスピードは衝撃的です!記憶に残る体験を是非!

​景色もすごく楽しめます!

​中禅寺湖 or 湯ノ湖 釣り or 沼田釣り堀 

​日光名物のヒメマスやニジマス、ワカサギ、ブラウントラウト、そして中禅寺湖でしか釣れないというレイクトラウト等が釣れる場所です。漁協管理湖沼ですので釣り券が必要です。1日券を中禅寺湖は「大島商店」で、

湯の湖は「越後屋旅館」で購入出来ます。

 本格的な釣りは経験が少なく、ボートや湖畔では難しいという人は車で40分ほどで隣接する群馬県の釣り堀、白根魚苑まで行けばロケーションは素晴らしく、ニジマス・ヤマメ・オショロコマが比較的簡単に釣れ、その場で塩焼きにしてくれる。オショロコマはサケ科イワナ属に分類され、カムチャッカ半島や北米などの冷水域に分布し、日本では北海道の東部・北部のみに生息していない。群馬県片品村 奥日光ファミリーランド 白根魚苑(しらねぎょえん)https://www.shiranegyoen.com/fishing/

中禅寺湖畔 二荒山神社中宮祠 参拝 男体山登山

百名山にも選ばれている日光男体山は二荒山神社の御神体山であるパワースポット。神社の境内にはブームの御朱印やお札やお守りの販売、色々な、おみくじもひけて、小さな皿をたたき割って厄払いするところも境内にあります。

男体山の登頂は足腰が丈夫な方でないと途中で挫折する厳しさなので、安易に挑戦しないで事前にトレーニングを積んでくださいね。運動不足の方では足がつりまくる可能性が高いかもしれません。

中禅寺湖畔 散策

​中禅寺湖畔の一本裏の通りに300円程で利用できる大駐車場があります。駐車場をもっているお食事処やボート乗り場は無料で駐車可能な御店もあります。人気のとんかつ屋さんやお鮨屋さん、ヒメマスの塩焼き、カフェ、そば店、観光スポットのイタリア、イギリス大使館等がある湖畔を歩いて、そのまま、日本の3大瀑である華厳の滝もあります。

​紅葉シーズンの休日お越しで渋滞は嫌というお客様はお風呂に入って帰路へ

​紅葉時期はゆっくり朝風呂に入って午前中に帰路へつけば、いろは坂の大渋滞に巻き込まれることもなくスムーズに帰れます。

通常15分~20分位のいろは坂でも紅葉シーズンの連休や土日は登り3時間半、下り3時間以上かかることもあり、空いていれば東京に帰れるくらいの渋滞にはまりますので、初日は夕方4時過ぎにいろは坂を上り、連泊で中日を楽しんで、帰宅日は午前中に帰れば時間のロスがありません。気軽に連泊して頂きたいための2日目以降割引プランです。

​3

​10mに拡大した時、

​吾輩がいる場所が

目的地である。

​名前はまだニャイ。(地図上には)

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon